よくある質問

Q地震に強い家の基準ってありますか?(耐震等級)
Aお家の地震に対する基準として、耐震等級というのがあります。
地震に対する構造躯体の倒壊、崩壊等のしにくさを表しており、等級1~3が国によって定められているものです。

これは、建築基準法で定められていて、数百年に一度の極めて稀に発生する地震に耐えられるものを等級1としています。
想定する地震の揺れの強さは、地域により異なりますが、震度6強から7程度に相当し、阪神淡路大震災時の地震の揺れに相当します。

等級2は、等級1で耐えられる地震力の1.25倍の力に対して倒壊や崩壊などしない程度を示していて、等級3では、1.5倍の力に耐えることができます。

この等級は、建物の構造による優劣はありません。
木造、鉄骨造、コンクリート造であっても地震に対する強度や性能は同じという事です。

ちなみに耐震等級は壁の量、接合部、基礎などから構造計算によって、割り出されるんです。

予約状況

engage
お電話でのお問い合わせ0120-06-7722
営業時間:9:00~18:00 定休日:水曜