団体信用生命保険のお話し

今回は「団体信用生命保険」のお話し。

「団体信用生命保険」(以後「団信」と呼びます)とは簡単に言いますと、住宅ローンを借りた人が亡くなってしまったり、高度障害になった場合に、
保険会社が残った住宅ローンを支払ってくれるというものです。

保険料は一般に住宅ローンの金利の中に含まれていますので、これからお家を持たれる方にとってこの「団信」は強い味方になります。しかし一方、この「団信」が一部の方にとっては住宅購入の大きな障壁ともなります。

さて、これからお家を持たれる方にとって「団信」はどのような意味をもつのでしょうか。

Point

①あなたにもしもの事があった場合に保険会社が住宅ローンの残債を肩代わりします

つまり「団信」の補償により、あなたにもしもの事があっても家族に「家」が残ります。
これは賃貸住宅の方にくらべて大きな備えとなります。

Point

②住宅ローンの融資条件になるので、健康上の問題がある方は融資が受けられません

ほとんどの金融機関がこの「団信」の加入が融資の条件としていますので、健康上の理由等により「団信」の加入ができない場合には、住宅ローンを借りる事ができません。
健康上の問題とは、告知義務として明記されていますが詳細については保険会社の判断によります。おうちの購入を先送りしていて、いざ購入に踏み切ろうとした際に健康状態に問題が出て、おうちを買えなかったケースもありますので要注意です。

Point

③生命保険の見直しのタイミング

生命保険は一般に残された家族のために備える一面が大きいと思います。まだ生命保険に加入されていない方でしたら、住宅購入は「団信」の補償が新たな備えになります。もし、あなたがなんらかの生命保険に加入されているのでしたら、この「団信」の補償分を見直すことができます。

ただこの「団信」、あなたが死亡するか、ある一定以上の高度障害にならないような病気やケガの場合には補償されませんので、そんな状態で働けなくなって収入がなくなってもローンの支払いは続けなければなりません。保険額の見直しだけではなく、そうした働けない状態への補償に保険を見直す必要があるかもしれません。

今回の「団信」のお話しはいかがでしたか?
お家の購入は生涯設計を見直す絶好のタイミングということになりますね。

もっと知りたい、ここはどうなの?と疑問に思った方は是非一度ご来店ください。
来店予約は

住まいリード 0120-06-7722

まで!

予約状況

お電話でのお問い合わせ0120-06-7722
営業時間:9:00~18:00 定休日:水曜