住まいリードの家づくりコラム

【要確認】ハウスメーカーでの打合わせの流れや注意点は?

何もかも初めての家づくり、特にその後の家づくりの満足度を左右するハウスメーカーとの打ち合わせに、不安を感じている方は多いと思います。
そのような方に向けて、この記事ではハウスメーカーとの打合わせの流れや注意点について解説します。
事前に確認して、打ち合わせに備えておきましょう。

ハウスメーカーでの打合わせの流れは?

ハウスメーカーでの打合わせは、着工前、着工後、引き渡し前の3つの流れに分けることができます。
それぞれに分けて、話す内容などの詳細について確認していきましょう。

*着工前の打合わせ

着工前の打合わせは、特に重視しておきたい部分です。
ご自身の要望を伝え、実現可能なのかをハウスメーカーと擦り合わせていきます。

一般的には7回から15回程度の打合わせを行うので、スムーズに進めるには計画的に取り組む必要があります。
これから家づくりを進めていくにあたり、質問や気になることは事前にリストアップし、ご自身の要望や条件はあらかじめ明確にしておきましょう。

予算についても、隠し事などせず正直に話しておくことが成功への近道です。
これからの家づくりの要となる打ち合わせなので、真正面から話し合っていきましょう。

*着工後の打合わせ

着工後の打合わせは3回から5回ほど行います。
この段階で確認しておきたいことは、設計通りに工事が進んでいるかという点です。
修正してほしい部分があれば、早めに伝えましょう。

壁紙のデザインや色など、細かい内装についてもここで決めます。
ハウスメーカー側のプロとしての意見を取り入れながら、理想の家を実現していきましょう。

*引渡し前の打合わせ

最終確認も兼ねて、2回から4回ほど打合わせを行います。
依頼した内容と明らかに違ったり、問題があったりする場合は、指摘して修正をお願いしましょう。

ハウスメーカーで打合わせする際の注意点

ハウスメーカーで打合わせをする際、何よりも重要なのは「不安要素をすぐ解消しておくこと」です。
ほとんどの方は家づくりが初めての経験ですので、打合わせをしていると疑問に思う点がたくさん出てくると思います。
その際は、放っておかずにすぐに質問をして不安を解消しておきましょう。

完成後にイメージと違うといったトラブルは、このような小さな歪みから発生します。
納得のいく家づくりを進めていくためにも、トラブルを避けるためにも、どのような些細な疑問でもたくさん質問しましょう。
ハウスメーカー側にとっても助かります。

予算についてしっかり明示しておく必要性は先ほどお伝えしましたが、予算オーバーしないためには、自分達の中で要望の優先順位を決めておくことが必要になってきます。
全ての要望を叶えるのは基本的に難しいと考え、最低限叶えたい要望を明確化しておくことが大切です。

まとめ

今回は、ハウスメーカーでの打ち合わせの流れや注意点を解説しました。
打合わせの前にある程度ご自身の家づくりにおける要望を明確にし、打合わせの際は正直に話し合いをすることが大切です。当店では、プラン開始の前にしっかりとした資金計画を行いますので、予算オーバーにならないようにサポートしております。
周南市・下松市周辺で家づくりでお悩みがありましたら、当社にてご相談ください。

タグ: , ,

予約状況

お電話でのお問い合わせ0120-06-7722
営業時間:9:00~18:00 定休日:水曜