住まいリードの家づくりコラム

平屋の間取りは動線にこだわろう!暮らしの質を高めるアイデアをご紹介!

生活空間がワンフロアに集約された平屋では、プライバシーを確保しつつ、動線にこだわった間取りを考える必要があります。
平屋には2階建てのように階段を上下する動線はありませんが、部屋同士を繋ぐ動線は長くなりやすいため、配慮する必要があるのです。
暮らしの質を高めるには、どのように間取りを考えるのでしょうか。

平屋の動線を考えるキーワードは「シンプル」

動線にこだわった間取りを考える際には、部屋間の移動が楽であることが必須条件です。
「行ったり来たり」という動きが出るのであれば、それはシンプルな動線とはいえません。

たとえば、キッチンに収納がなく、少し離れた場所にパントリーなどの収納場所があるとしましょう。
もし料理中に食材が足りなかったら、キッチンから収納場所へ取りに行き、また収納場所からキッチンに来て料理に戻ることになります。
これだとキッチンから収納場所までを「行ったり来たり」していることになり、動線はシンプルではありません。
その分時間もかかりますし、労力も必要になります。

移動が少なく、時間短縮につながる動線を考えるには、動線が被ることなく「シンプル」であることが非常に大切なのです。
すべての動線が一直線であったり、フロア内を円状に動き回れる回遊動線であったりすると、暮らしの質が上がります。

平屋での暮らしの質を高める間取りをご紹介

それでは、動線にこだわった実際の間取りを見ていきましょう。

1つ目は、ランドリールームです。

洗濯機や乾燥機を置いている場所にクローゼットの衣類の収納スペースを設置すれば、洗濯物の片付けはもちろん、ご家族の脱衣所としても活用できるので非常に機能的になります。
また、アイロンがけができるスペースを確保したり、洗濯物を干す場所とつなげたりすればさらに便利です。

2つ目は、ステップフロアです。

平面になりやすい平屋に立体感を出すこのステップフロアは、完全個室とは違うので、家事をしながらでもご家族の様子を見ることが叶う間取りです。
わざわざ部屋に行かなくても声や視線が通るので、家事効率が上がり、コミュニケーションが取りやすくなります。

3つ目は、シューズクロークです。

外で使うものはすべてシューズクロークに収納してしまえば、動線が短くなって出し入れが楽になります。
そのままリビングやキッチンへと繋がる間取りにすると、回遊性が上がって便利です。

まとめ

今回は、動線にこだわった平屋の間取りについて解説しました。
平屋での暮らしの質を高める際には、シンプルな動線にこだわる必要があります。
日々のご自身の暮らしを振り返りながら考えてみましょう。
周南市・下松市周辺の方は、当社にて一緒に考えてみましょう。
ぜひご来店ください。

タグ: , , ,

予約状況

お電話でのお問い合わせ0120-06-7722
営業時間:9:00~18:00 定休日:水曜