住まいリードの家づくりコラム

大量収納が可能なパントリーが必要かはライフスタイルによって決まる!

新築の収納について調べると必ずと言っていいほど紹介されるパントリーですが、本当に必要なのか決めかねている方もいらっしゃると思います。
ここでは、パントリーのメリットとデメリットや、必要かの判断基準をご紹介します。
パントリーの必要性に悩んでいるという方は、ぜひ最後までご覧ください。

パントリーのメリットとデメリットを確認!

パントリーの必要性について判断するために、まずはメリットとデメリットを確認しましょう。

パントリーの最大のメリットといえば、収納量を増やせることです。
キッチンはカトラリーや豆皿などの小さな物から、お鍋やボウルなどの大きな物まで、様々な物を収納する必要がありますよね。
どうしても物が多くなりがちなキッチンをスッキリとさせるには、やはり収納量を増やすしかありません。
ストック品や非常食もパントリーに収納できるので、キッチン周りをしっかりと整理整頓できるでしょう。

大きめに作れば、トイレットペーパーや洗剤など、日用品のストックを集約することもできます。
パントリーを除けば在庫が一括で確認できるのは、自担にも繋がるのでありがたいですね。

パントリーのデメリットは、それなりのスペースが必要なことです。
家の面積や予算に限りがある場合には、実現が難しいかもしれません。
また、必ずしも動線が良くなるわけではないことにも注意しておきましょう。

パントリーが必要かの判断基準は?

*パントリーが必要

パントリーが必要な場合は以下の通りです。
・収納スペースがキッチンだけでは足りない
・まとめ買いすることが多い
・買いだめが多い
・キッチン周りを常にスッキリとさせておきたい

特に共働きの夫婦では、週末にまとめ買いすることが多いと思います。
1週間分の食料をキッチンだけで収納させるのが難しそうであれば、パントリーで在庫一括管理と大容量収納を実現すると、便利になること間違いなしです。

*パントリーは不要

パントリーが不要である場合は以下の通りです。
・キッチン周りにスペースがない
・整理整頓が苦手
・収納する場所がある分余計な物を買ってしまう
・キッチンに物が少ない

パントリーは、キッチンを使いやすくするために設置するものです。
そのため、設置することでキッチンが使いにくくなってしまったり、余計な物を増やしてしまったりするのであれば、パントリーの設置は慎重に検討した方が良いといえます。

まとめ

今回は、パントリーのメリットデメリットや必要かの判断基準をご紹介しました。
パントリーの必要性は、ご家庭のライフスタイルや個人の考え方によって変わります。
今回ご紹介した内容を参考に、慎重に検討してみてください。
また、周南市・下松市周辺で新築をご検討中の方はぜひお気軽にお問合せください。

タグ:

予約状況

お電話でのお問い合わせ0120-06-7722
営業時間:9:00~18:00 定休日:水曜