住まいリードの家づくりコラム

今大人気の平屋、防犯対策には注意して!

ワンフロアに生活空間がギュッとつまった平屋は、暮らしやすくて開放感があることから今大人気の家の形です。
しかしそんな平屋は、実は泥棒に狙われやすいことをご存じですか。
今回は、平屋の防犯性が心配な理由や、効果的な防犯対策について解説します。
ぜひ参考にしてください。

平屋の防犯性が心配なのはなぜ?

平屋は段差がないためバリアフリーですし、地震や災害にも強くて安心だといわれる家の形です。
しかし、空き巣に対するリスクが高く、やはり平屋暮らしは安心だとは言い切れないのです。

平屋が空き巣に狙われやすいのは、大きく2つの理由が挙げられます。
まず1つ目は、生活環境を把握しやすいという理由です。
平屋は建設するのに広い土地が必要ですから、死角ができやすくなってしまいます。

さらに周囲の視線を遮るために生垣やフェンスなどを設置してしまうと、空き巣が侵入する際の目隠しとしても活用できてしまいます。
空き巣が嫌うのは人の視線ですから、それが平屋の特徴によって見事に防がれてしまっているのですね。

そして2つ目は、侵入経路である場所が多いという理由です。
平屋はワンフロアに生活空間が詰まった場所、つまり全ての窓や出入り口が1階に集まっているということになります。
空き巣の侵入手段は、窓や出入り口のことがほとんどなので、侵入経路が多い平屋は必然的に狙われやすいのです。

平屋の防犯性を上げる鍵は「窓」にあり!

平屋の防犯性を上げるためには、窓にしっかりと防犯対策を施すことが大切です。
特に、平屋は開放感を演出するために大きな窓を設置することも多いですから、窓の種類からしっかりとこだわっておきましょう。

防犯性の高い窓ガラスには、合わせガラスや複層ガラスがあります。
合わせガラスは、ガラスを複数枚重ねている中に中間膜と呼ばれる板が張り付けられている窓のことです。
窓自体の強度が非常に高くなっているので、空き巣が割ろうとしてもそう簡単には割れないようにできています。
割るのに時間がかかると空き巣は侵入を諦めるかもしれません。

複層ガラスは、2枚のガラスの間に僅かに隙間がある窓です。
この隙間が真空タイプのものや、乾燥した空気を閉じ込めているタイプのものがありますが、その両側は合わせガラスになっているので、より割れにくい構造になっています。
断熱や遮熱性能にも優れているので、平屋におすすめの窓です。

ここまでは窓の種類にこだわることで防犯性を上げる方法を紹介しましたが、他にも補助錠やはずれ止め、防犯フィルム、砂利、防犯カメラを活用するなど様々な防犯対策があります。
空き巣が狙いやすい平屋でも、正しく防犯対策を施せば防犯性の高い家にすることが叶いますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

まとめ

今回は、平屋の防犯性について解説しました。
平屋は死角ができやすく、侵入経路が1階に集約されていることから空き巣に狙われやすいですが、割れにくいガラスを活用すれば防犯性を上げられます。
他にも様々な方法がありますので、周南市・下松市周辺の方で平屋をご希望の方は、ぜひ当社で一緒に考えてみましょう。

タグ: ,

予約状況

お電話でのお問い合わせ0120-06-7722
営業時間:9:00~18:00 定休日:水曜