住まいリードの家づくりコラム

マイホームの理想といえば大きな窓のある家!しかしそこには落とし穴が?!

「大きな窓から心地よい風が吹き込み、ソファに座って外の景色を眺めながらゆったりと過ごせるような空間」
マイホームの理想のイメージといえば、このような風景が思い浮かびませんか。
大きな窓のある家はそれだけ魅力溢れる家の造りですが、実はそこには見逃しがちな落とし穴があります。
今回は、大きな窓のある家を深掘りします。

大きな窓のある家の魅力といえば?

大きな窓のある家の魅力といえば、やはりダイナミックな開放感溢れる空間になることですよね。
太陽の光をしっかりと室内に取り込めるので、部屋の明るさに困ることはもちろんありません。
土地が少し高台にあるのならば、部屋の中から眺望を楽しめるのも魅力です。

大きな窓の前にこだわりのお庭を作り、テラスやデッキを設けても良いですね。
段差のないフラットタイプを選べば、簡単に出入りができるようになるので、第二のリビングのように過ごせる空間になりますよ。
庭でバーベキューをしたり、パーティーをしたり、遊んだりと、大きな窓のある家とテラスを組み合わせれば、様々な使い方を楽しめます。

大きな窓のある家で見逃しがちな落とし穴とは?

大きな窓のある家にはたくさんの魅力がありますが、落とし穴があることもまた事実です。
しかし、事前に解決策を知っておけば、後悔することはなくなるかもしれません。

大きな窓のある家の落とし穴といえば、まずは周囲の視線が気になることが挙げられます。
大きい窓であるが故に、道路や隣の建物から視線が集まる可能性も否定できません。
そのため、家の周りを壁で囲んだり、中庭やテラスを作って、プライベート空間にしてしまいましょう。
少し周囲や窓の位置を工夫すれば、視線をシャットアウトすることは可能です。

次に挙げられるのは、断熱性が下がる可能性があることです。
窓の面積が多くなると、その分断熱性は下がってしまいます。
家を建てる段階から断熱性の高い家づくりを心がけ、窓の素材にもこだわると良いでしょう。

最後に、日差しが入りすぎることも落とし穴として挙げられます。
大きな窓はたっぷりと採光できますが、逆に日差しが入りすぎてしまうこともあるかもしれません。
家の前に高さのある木を植えるか、軒を大きめに作るか、シェードを取り付けるかすると対策できるでしょう。

まとめ

今回は、大きな窓のある家について解説しました。
様々な魅力溢れるつくりではありますが、プライバシーや断熱性、日差しの強さには注意が必要です。
周南市・下松市周辺の方で、大きな窓のある家にご興味がありましたら、まずは当社にてご相談ください。
あなたに最適な建築会社をご紹介します。

タグ:

予約状況

お電話でのお問い合わせ0120-06-7722
営業時間:9:00~18:00 定休日:水曜