住まいリードの家づくりコラム

4人家族にぴったりの家の間取りはズバリ!?決め方のポイントも併せてご紹介!

夫婦2人に子供2人、4人家族にぴったりな間取りはどれくらいなのでしょうか。
今は小さなお子様でも、将来は成長することを考えると、余計迷ってしまいますよね。
今回は、4人家族にぴったりの家の間取りや決め方のポイントをご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

4人家族にぴったりの家の間取りはズバリ3LDK!

4人家族にぴったりの家の間取りは、3LDKか4LDKです。
お部屋の数は使い道によって左右されますが、一般的には3LDKがよく選ばれます。

3LDKであれば、子供部屋を2つと夫婦の寝室を1つであったり、子供部屋を1つと夫婦の寝室を1つ、そして書斎を1つであったりといった使い方をされることが多いです。
3LDKの家の間取りは、子供部屋をいくつ用意するかによって変わってきます。
まだお子様が小さいのであれば子供部屋は要りませんし、1つの大きなお部屋を分割して2人分の子供部屋として活用しても良いですよね。
3LDKは、将来お子様が巣立った時のことを考えても、広すぎず狭すぎずの間取りになるのでおすすめです。

4LDKであれば、家族全員が個室を持てるくらいに余裕のある間取りになります。
夫婦の寝室を一緒にすれば、子供部屋を2つ確保しながら書斎も作れるので、在宅勤務やテレワークがあっても問題なく過ごせるでしょう。

4人家族の家の間取りの決め方のポイントは?

ここまで、4人家族にぴったりの間取りをご紹介しましたが、ご家族のライフスタイルや考え方によって間取りの正解は異なります。
ここで紹介する決め方のポイントを参考に、ご家庭にぴったりの間取りについて考えてみてください。

まずは、夫婦それぞれに個室がいるかを決めましょう。
書斎や寝室の個数について話し合ってみてください。
書斎が必要なのであれば、必然的に夫婦で2部屋以上は用意する必要があります。

夫婦の部屋が決まったら、子供部屋について考えましょう。
4人家族の家の間取りを決める際に最も悩む部分ですが、ぜひ以下のポイントを押さえてもう一度検討してみてください。
・子供部屋が必要な期間
・お子様の年齢差
・お子様の性別

子供部屋が必要な期間は、小学5年生あたりから用意すると考えるとおよそ10年ほどということになります。
お子様が成長して巣立ってしまえば、その家には夫婦2人で住み続けることになりますよね。
その際に家を持て余してしまう可能性はないかを考えてみましょう。

お子様の年齢差によっては、上の子が独り立ちした後の部屋を下の子に使ってもらうことも可能になります。
そうなると子供部屋が1部屋だけで済むので、4LDKだと少し広すぎるかもしれません。

お子様2人が同性なのであれば、大きな部屋を子供部屋にして、共有して使っても良いですよね。
それぞれのスペースが欲しいのであれば、カーテンや収納棚で仕切って活用できるので、そうなると子供部屋は1つで済みます。

このように、巣立ち後や年齢差、性別のことを考えると子供部屋の数を決めやすくなります。
もちろんお子様自身の気持ちも大切なので、ご家族みんなで家の間取りについて考えてみてくださいね。

まとめ

今回は、4人家族の家の間取りについて紹介しました。
一般的に多いのは、3LDKの間取りですが、ご家庭のライフスタイルや考え方によって異なります。
周南市・下松市周辺の方でお悩みの方がいらっしゃいましたら、ぜひ当社にて一度ご相談ください。

タグ:

予約状況

お電話でのお問い合わせ0120-06-7722
営業時間:9:00~18:00 定休日:水曜