住まいリードの家づくりコラム

家を建てるなら平屋?二階建て?それぞれのメリットとは

生活空間がワンフロアに集約されている平屋に、プライバシーを確保しやすい二階建て、どちらにもそれぞれの魅力があり、平屋にするか二階建てにするかなかなか決められませんよね。
この記事では、平屋と二階建てのメリットをそれぞれご紹介します。
ご自身のライフスタイルや予算と併せて考えていきましょう。

平屋のメリットは?

平屋の大きなメリットは、生活空間がワンフロアに集約されていることです。
家の中での危険な場所といえば高低差の大きい階段ですが、平屋には階段がありません。
そのため、ご高齢の方や小さなお子様でも安心して住んでいただくことができます。

また、二階建てでは階段の上り下りが必要になる掃除や洗濯などの家事でも、平屋であれば楽にこなすことが叶います。
動線がシンプルになるので、時短や負担軽減に繋がるでしょう。

さらに、空間が途切れることのない平屋では、ご家族とのコミュニケーションが取りやすい構造になっています。
ふとした時に顔を合わせやすいので、きっと笑顔の絶えない暖かな空間を創ることができますよ。

二階建てのメリットは?

二階建てのメリットには、土地の面積が少なくても十分な生活空間を確保できることが挙げられます。
平屋は広い面積を必要とするため、土地によっては少し窮屈な生活空間になってしまうかもしれません。
一方二階建てであれば、二階部分にも生活空間を確保できるので、あまり土地面積を確保できなくてもカバーすることができます。
予め家を建てる土地が決まっている場合は、敷地面積や周辺環境の影響によって二階建てを選択すると敷地面積を有効活用できます。

また、プライバシーを確保しやすいのもメリットとして挙げられます。
階を隔てることで家族間で距離を保てるので、お子様がお年頃な年齢になっても適切な距離を保ちながら過ごしていけます。
2世帯住宅にして階ごとに住み分けることもありますね。
また、気になりやすい道路からの視線も二階であればシャットアウトできます。

最後に、建築コストが抑えられることがメリットとして挙げられます。
床面積と仕様が同じ平屋を比較すると、二階建てのほうが基礎や屋根面積が少なくなるので、建築コストが多少抑えやすくなります。
また、土地の面積は平屋と二階建てで単純比較はできませんが、建物の敷地面積だけで比較すると平屋のほうが広くなるので、地価が高めのエリアの場合、二階建てのほうが固定資産税は抑えやすくなります。

まとめ

今回の記事では、二階建てと平屋のそれぞれのメリットをご紹介しました。
平屋はワンフロアなので、階段という間取りを取り払ったシンプルな生活を実現できます。
一方二階建ては、土地が狭くても生活空間を十分に確保できます。
周南市・下松市周辺の方でまだ迷い中だという方は、まずは当社にてご相談ください。

タグ: ,

予約状況

お電話でのお問い合わせ0120-06-7722
営業時間:9:00~18:00 定休日:水曜