住まいリードの家づくりコラム

新築にバルコニーは本当にいらない?活用法を確認してみよう!

「新築にバルコニーはいらない」というご意見を耳にしたことがあるでしょうか。
最近では浴室乾燥機を取り付けられるようになり、洗濯物を干す場というイメージが強いベランダは必要ないと考える方が多くいらっしゃいます。
果たして本当に新築にバルコニーは必要ないのでしょうか。
一緒に考えていきましょう。

新築にバルコニーはいらないのか?

ここでは、新築にバルコニーがいらないといわれる理由と、バルコニーをなくして後悔してしまった事例を紹介しましょう。

*新築にバルコニーがいらない理由は?

まず、大きな理由として、洗濯物を2階に干すのは動線が悪いからという理由があります。
確かに、大量の洗濯物を1階の洗濯機から2階のベランダまで持ち運ぶのは骨が折れますよね。
それならば1階にランドリースペースを作るか、広めの庭に干した方が良いかもしれません。

次に、そもそも洗濯物を外に干さないからという意見もあります。
黄砂や花粉、PM2.5、虫など、ベランダに干すと綺麗ではなくなってしまうのではという懸念があります。
天気にも左右されるので、室内干しやコインランドリーを利用する方が便利で快適ですね。

最後に、掃除が面倒だからという理由があります。
特に、日頃から使っていない場所であるならば尚更面倒ですね。
定期的に掃除しないと落ち葉が溜まったり、排水溝が詰まってしまったりする可能性があります。

*バルコニーをなくすと困るかも?

バルコニーは身近な機能として洗濯物を干す場が目立ちますが、他にも大切な役割を担っているのです。
そのため、適切な対策を取らずに安易にバルコニーをなくすと後悔してしまうかもしれません。

まず、バルコニーには日差しを遮る役割があります。
特に太陽が高くなる夏のころ、バルコニーがないと上の角度からの日差しが直接入り込むようになります。

これは雨にも当てはまります。
バルコニーがなければ、雨の降り込む角度が直角に近いほど雨除けができなくなります。

さらに、エアコンの室外機の置き場にも困るかもしれません。
2階のエアコンの室外機は通常ベランダの軒下に設置されます。
ベランダがないとその室外機を下に置く必要がでてくるので、置き場に困る可能性があるでしょう。

色々ある!バルコニーの活用法をご紹介!

・洗濯物や布団を干す
・エアコンの室外機を置く
・ガーデニングスペース
・一時的にゴミを保管する
・第二のリビングとして、リラックススペースにする

庭の広さを大きく取れない場合には、ベランダを有効活用することをおすすめします。
庭よりもメンテナンスがしやすいので、気楽に始めやすいですよ。
鉢植えを置いてちょっとしたガーデニングを楽しんだり、椅子やテーブルを置いてリラックススペースにしたりして、気軽にアウトドア気分が楽しめる場所にすると良いでしょう。

まとめ

新築にバルコニーが本当にいらないかは、ご自身のライフスタイルによって変わってきます。
検討する際は、様々な意見を参考にしながら慎重に考えていただけたらと思います。
周南市・下松市周辺で他にも家づくりについてお悩みがある場合は、当社にご相談ください。
共に考えていきましょう。

タグ:

予約状況

お電話でのお問い合わせ0120-06-7722
営業時間:9:00~18:00 定休日:水曜