住まいリードの家づくりコラム

【徹底比較】建売住宅と注文住宅、あなたはどちらを選びますか?

夢の一戸建てを手に入れようとなった際、まず建売住宅と注文住宅のどちらにしようかと悩まれるのではないでしょうか。
いまいち違いが分かっていない方や、自分にどちらが向いているのか分からないという方もいらっしゃるかもしれません。
この記事では、建売住宅と注文住宅の違いを徹底比較します。
ぜひ参考にしてください。

建売住宅と注文住宅の違いを徹底比較!

*建売住宅

建売住宅は、土地も含めた状態で販売されている新築分譲住宅です。
設計はあらかじめ決められていて、建設されているものの中からご自身の条件に合うものを選びます。

建売住宅の大きな特徴として、まとまった地域で同じような外観や機能を持った住宅が建ち並ぶということが挙げられます。
この場合、住宅会社側としてはまとめて設計や工事を進められるため、費用は注文住宅よりも安いことが多いでしょう。

*注文住宅

注文住宅では、土地がない場合は土地探しから家づくりを始める必要がありますが、ご家庭のライフスタイルに合わせた住まいを、こだわり抜いて建築することが叶います。
ある程度制限はあるものの、建売住宅よりも自由度が高い所が何よりの魅力ですよね。

コストを抑えた家づくりも、ハイグレードな住まいを建設することもできますよ。
とはいえ、土地探しや打ち合わせがあるため、建売住宅よりも時間はかかるでしょう。

建売住宅と注文住宅、自分はどっちが向いている?

建売住宅に向いている人は以下の通りです。
・土地と住宅をセットで探したい
・新築が良いけれどなるべく費用は抑えたい
・間取りやデザインを一から決めるのは面倒
・入居希望時期まで1年未満

注文住宅の完成までは1年から1年半程度かかるとされています。
そのため、入居希望時期まであと1年もないという場合には、注文住宅ではなく建売住宅にした方が良いでしょう。

注文住宅に向いている人は以下の通りです。
・自由に間取りを決めたい
・家づくりにこだわりがある
・入居希望時期までに1年以上の猶予がある
・土地にもこだわりたい

デザインや間取り、材質など、家に関して細部までこだわりがあるという場合には、注文住宅がおすすめです。
ただし、入居希望時期まで時間があるからと安心せず、計画的に家づくりのスケジュールを進めていく必要があります。

まとめ

今回は、建売住宅と注文住宅の違いを徹底比較しました。
建売住宅は土地付きの分譲住宅で、比較的安価に一戸建てが手に入ります。
注文住宅は完成まで時間がかかりますが、自由度が高くご自身のこだわりを実現することが叶います。
周南市・下松市周辺の方でお悩みでしたら、一度当社にてご相談ください。

タグ: ,

予約状況

お電話でのお問い合わせ0120-06-7722
営業時間:9:00~18:00 定休日:水曜