住まいリードの家づくりコラム

家づくりは新しい生活のスタート!ライフプランについて考えよう!

マイホームの建設はあくまでもゴールではなく、新しい生活のスタートです。
そのため、家づくりでははじめの一歩として、ライフプランについて慎重に検討することをおすすめします。
この記事で、ご自身がどのように暮らしていきたいのかを一緒に考えてみましょう。

ライフプランの立て方は?

ライフプランを作成する前に、まず現在の家計の状況を把握しましょう。
収入や支出、貯蓄はどのようになっていますか。

その上で、これからの暮らしのライフプランについて考えていきます。
自分が望んでいる人生を俯瞰的に確認したいので、一生涯において今想像できる全ての項目を具体化しましょう。
例えば、家族構成や仕事、夢、教育方針、老後の生活、やる必要のあることなど、できるだけ具体的に考えてください。

特に、人生の三大資金とも呼ばれる、以下の3つの項目については明確なプランを立てておく必要があります。

*教育資金

お子様の教育資金については、ある程度時期が明確なので準備しやすいですよね。
大きな支出になりそうな高校や大学の教育費については、直前に焦ることのないよう、コツコツと積み立てて準備しましょう。
公立か私立か、習い事はするのか等、細かいところまで考えられるとベストです。

*住宅資金

家づくりの際は、ここをしっかりと考えておくのが成功の要となります。
ご自身やご家族の要望や条件を、予算と折り合いをつけながら優先順位を考えましょう。
家づくりのタイミングは適切か、これから一生そこで住むのか、住宅ローンはどうするかなど、広い視野で考えるのが大切です。

*老後資金

少し前に老後2,000万円問題が話題になったので、老後に対する危機感を抱いている方は多いでしょう。
少額ずつでもコツコツと積み立てて、計画的に準備してみましょう。

家づくりでライフプランを考えるとメリットがたくさん!

まず大きなメリットとして、ライフプランを作成することで貯蓄の残高や推移が明確になることが挙げられます。
資金の準備を計画的に行えるようになるので、将来に対する漠然とした不安感も払拭できるかもしれませんね。

また、家づくりをしたいと思ったタイミングでライフプランを考えることで、建築時期が適正かの判断基準を持つことができ、その後の暮らしに余裕を持って楽しめる住宅ローンの組み方がわかるようになります。
住宅ローンは、慎重に検討しないと生活を圧迫してしまう可能性があるので、ここでリスクを退けてしまいましょう。

最後に、固定費の見直しのきっかけになることも挙げられます。
生活費や通信費、保険など、無駄な出費はありませんか。
固定費は毎月必ずかかっているものなので、ここが削減できるとかなり家計の助けとなります。

まとめ

今回は、家づくりで大切なライフプランについて紹介しました。
どのような暮らしをしていきたいかのイメージはつきましたでしょうか。
周南市・下松市周辺で家づくりに関するお悩みがあれば、ぜひお気軽に当社にご相談ください。住まいリードでは、無料で外部の専門家のライフプランを受けることも出来ます。

タグ:

予約状況

お電話でのお問い合わせ0120-06-7722
営業時間:9:00~18:00 定休日:水曜