住まいリードの家づくりコラム

意外と難しい?新築のトイレの位置はどうする?

周南市・下松市周辺でマイホーム作りを検討されている方は多いと思います。
今回は新築でのトイレの位置について紹介します。
ぜひ最後までご覧ください。

新築でのトイレの位置について解説します

新築でトイレの位置を考える際に意識すべきポイントはさまざまですが、ここでは3つのポイントをご紹介します。

1つ目は、使用中の音やにおいを避けられる場所に設置することです。

使用中の音やにおいは家族であっても避けたいでしょう。

もし、食事をとる場所から近い場所にあり、食事中に臭いがしたら不快な気持ちになりかねません。
そのため、食事をとる場所からできるだけ離れた場所に設置することをおすすめします。

2つ目は、利用する時間帯やシーンを考えて設置することです。

トイレをいつ利用するかは本人もわかりません。
例えば、急に夜中に起きて利用することもあります。
その際に出る音で、他の人が目を覚ましてしまう可能性があります。

夜中に洗濯機を回さないことやお風呂に入らないことはできますが、尿意を感じた場合、トイレに行かない選択肢はありません。
そのため、音が気になる方は、トイレは寝室から遠い場所に設置しましょう。

3つ目は、場所の優先順位を上位にすることです。

新築の間取りを考える際には、キッチンや階段などの場所ばかりを重要視してしまいがちです。
しかし、それらだけでなく、トイレの優先順位も高く考えるべきだと言えます。

トイレは使用頻度が高く、利用するタイミングが不確定で、様々な部分に気を配る必要があります。
そのため、トイレの優先順位を上位にすることで良い部屋作りになるでしょう。

トイレの位置のおすすめを紹介します

1つ目は、洗面所の近くです。

洗面所の近くは定番の場所で、トイレからそのまま手を洗いに行けるので非常に便利です。
しかし、洗面所がオープンなつくりになってしまうので、定期的な掃除が必要です。

2つ目は、玄関の近くです。

現在では、以前のように玄関で長時間話すことが減ったため、玄関近くにトイレを設置する傾向にあります。
玄関近くに配置することで、リビングと寝室からの距離を確保でき、利用しやすい場所になります。
しかし、通過する回数が多くなるため、扉の開き方を工夫する必要があったり、来客時に鉢合わせするなどもあるので、向きにも工夫が必要です。

3つ目は、階段下です。

小さい新居の設置場所におすすめなのが、階段下のデットスペースにトイレを設置することです。
しかし、天井が低くなることがデメリットとして挙げられます。

まとめ

今回は新築でのトイレの位置について紹介しました。
この記事が少しでも役に立つと幸いです。
当社では、家づくりに関する相談を承っております。
周南市・下松市周辺でマイホーム作りを検討されている方のご相談・ご来店を心よりお待ちしております。

タグ:

予約状況

お電話でのお問い合わせ0120-06-7722
営業時間:9:00~18:00 定休日:水曜