住まいリードの家づくりコラム

住宅で後悔したくない方へ!失敗例をご紹介します!

一生に一度の大きな買い物であるマイホームでは、絶対に失敗したくないとお考えの方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、周南市・下松市周辺でマイホームを成功させたい方に向けて、過去の住宅の失敗例についてご紹介するので、ぜひ反面教師として参考にしてください。

住宅の家の中の失敗例をご紹介!

ここからは、住宅の家の中の失敗例を2つご紹介します。

1つ目が、リビングが広すぎて冷暖房の効率が悪くなってしまった例です。

「リビングが広すぎてなかなかクーラーが効かない」という不満をもつ方は少なくありません。

この対策としては、引き戸などで移動できる間仕切りを設置し、必要に応じて区切れる仕様にすると冷暖房の無駄を防げます。
暖かい空気は上昇する性質があるため、吹き抜けのリビングでは床暖房を併用するのが良いでしょう。

2つ目が、開放感を重視したあまり生活感のある室内が丸見えになってしまった例です。

「オープンキッチンを設置したら急な来客の際に生活感のある台所が丸見えになった」「玄関ドアを開けると、通りを歩く人から室内が丸見えになる」という声もあります。
この対策としては、設計の際に、室内で過ごす家族だけでなく、宅配便の配達員や来客からの視点も考慮して間取りを計画するのが良いでしょう。
また、オープンキッチンは、手前に立ち上がりを付けることで手元の視線を遮れます。

住宅の外観の失敗例をご紹介!

ここからは、住宅の外観の失敗例を2つご紹介します。

1つ目が、ウッドデッキを設置して無垢材の腐食・反りが発生してしまった例です。

ベランダ周りにウッドデッキを設けることで洗濯物が干しやすくなり、子供の遊び場にも最適なため生活が豊かになります。
その一方で、無垢材のウッドデッキは腐食や反りなどが発生しやすく、雨や湿気で傷んでしまいがちです。

この対策としては、湿気や腐食に強い樹脂製のウッドデッキを導入するのがおすすめです。

2つ目が、屋根の耐久性が弱かった例です。

屋根は普段の生活で目につきづらいですが、雨風から家族を守ってくれる非常に大切な要素です。
雨どいに砂が溜まって詰まるケースが少なくないため、汚れが溜まりにくいデザインを選ぶのがおすすめです。

まとめ

今回は、周南市・下松市周辺でマイホームを絶対に成功させたいとお考えの方に向けて、住宅の家の中の失敗例についてご紹介しました。
また、住宅の外観の失敗例についてもご紹介しました。
その他ご質問や相談等ありましたら当店までお気軽にお問い合わせください。

タグ:

予約状況

お電話でのお問い合わせ0120-06-7722
営業時間:9:00~18:00 定休日:水曜