住まいリードの家づくりコラム

マイホームで考えたい主照明と補助照明をご紹介します!

マイホームを建てるなら、照明にもこだわりたいという方は多いでしょう。

そこで今回は、周南市・下松市周辺でマイホームを建てようとお考えの方に向けて、マイホームで考えたい主照明と補助照明についてご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

マイホームで取り入れたい主照明をご紹介!

ここからは、マイホームで取り入れたい主照明を2つご紹介します。

1つ目が、シーリングライトです。

シーリングライトは広い空間を明るく照らすのに適しており、最もメジャーな照明ともいえます。

天井に直接取り付けられ、部屋全体を均等な明るさで照らせるのが魅力です。

近年はLEDのものが主流で、昼光色と電球色など複数の色合いに変化したり、調光ができたりするタイプが人気です。

2つ目が、ダウンライトです。

天井に埋め込む照明器具で、下方を照らせます。

天井に埋め込むのでほとんど目立たず、すっきりとした印象が魅力です。

シーリングライトのように均一に照らすのではなく、陰影をつくるような照らし方なので、部屋を立体的に見せたり、強調したいインテリアや壁を照らすように配置したりできます。

マイホームで取り入れたい補助照明についてご紹介!

ここからは、マイホームで取り入れたい補助照明を3つご紹介します。

1つ目が、ペンダントライトです。

ペンダントライトとは、天井からコードやチェーンなどでつるして使用する照明です。

ダイニングに使用されることが多く、照明の位置がちょうど目の高さに設置するため空間のアクセントになりますし、デザインも様々なのでご自身のこだわりが詰め込めます。

2つ目が、スポットライトです。

スポットライトは光の方向を自由に変えられるので、壁面のアートや植物など特定の物を照らして演出でき、雰囲気作りにぴったりです。

天井に直接照明を取り付けられない場合でも、ダクトレールがあれば付け外し可能です。

取り付ける個数を増やすと主照明にもなるので、おしゃれな部屋にしたい方はぜひ検討してみてくださいね。

3つ目が、ブラケットライトです。

ブラケットライトとは壁面に取り付けるタイプの照明を指します。

主照明と一緒に使用することで、壁面に陰影をつけて空間に変化をプラスできます。

また、階段や高天井では、ダウンライトだと足場を組まないと交換ができない場合も多いため、ブラケットライトを主照明として使用すると非常に便利です。

まとめ

今回は、マイホームで取り入れたい主照明と補助照明についてご紹介しました。

それぞれの照明を効果的に使用して、快適に過ごせるマイホームを叶えてくださいね。

その他ご質問や相談等ありましたら当社までお気軽にお問い合わせください。

予約状況

engage
お電話でのお問い合わせ0120-06-7722
営業時間:9:00~18:00 定休日:水曜