住まいリードの家づくりコラム

マイホームを建てる時の平均購入年齢は?プロがご紹介します!

マイホームを建てるタイミングに迷われている方は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、下松市・周南市にお住まいの方に向けて、マイホームの平均購入年齢についてご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

マイホームの平均購入年齢をご紹介!

この項では、マイホームの平均購入年齢についてご紹介します。

国土交通省が発表した「平成29年度住宅市場動向調査報告書」によると、マイホームを購入するのは30代が最も多いという結果です。

詳しく年代別に見ると、30代が48.1パーセント、40代が26.6パーセント、30歳未満10.5パーセント、50代8.8パーセント、60代以上5.5パーセントで、平均年齢は39.5歳です。

マイホームを手に入れる方の多くが30代である理由は何なのでしょうか。

その理由としては、住宅ローンの完済年齢を考慮されている方が多いことが挙げられるでしょう。

住宅ローンを活用してマイホームを建てたい方は、完済年齢から逆算して住まいを建てる時期を考えるのも一つの手です。

マイホームを若いうちに購入したほうが良いと言われる理由をご紹介!

よく「住宅を購入するなら、若いうちが良い」といわれることがありますが、その理由についてご紹介します。

最も大きな理由としては、完済年齢が早くなることで老後の負担が抑えられることです。

住宅を購入するとき、ほとんどの方が住宅ローンを利用すると思います。

国土交通省の調査によると、住宅ローンの返済期間は30年を超えるケースがほとんどだと言われています。

つまり、住宅ローンを利用するほとんどの人は、住宅を購入した年齢から30年以上後でローンの返済が完了するのです。

30歳で住宅ローンを始めるとなると完済するのは60歳以降、40歳で住宅ローンを始めると完済するのは70歳以降となります。

そうなると、老後の資金繰りが心配になってくる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

2025年には全ての企業で、希望者は65歳まで定年が延長となりますが、定年後もローンを返済し続けることに不安を感じる人は少なくないでしょう。

そういった意味では、若いうちに住宅を購入すると、住宅ローンの返済が完了する年齢が早くなり、老後の負担が軽減されるというメリットが出てくるのです。

まとめ

今回は、下松市・周南市にお住まいの方に向けて、マイホームの平均購入年齢についてご紹介しました。

また、マイホームを若いうちに購入したほうが良いと言われる理由についてもご紹介しました。

その他ご質問や相談等ありましたら当店までお気軽にお問い合わせください。

家づくりのタイミングは、こちらの記事でも紹介しています。

家づくりのタイミングについてご紹介します!

タグ: ,

予約状況

お電話でのお問い合わせ0120-06-7722
営業時間:9:00~18:00 定休日:水曜