住まいリードの家づくりコラム

マイホームの予算オーバーで後悔する原因をご紹介します!

マイホームは大きな買い物ですし、始めに予算を決めるのが大切ですね。

しかし、あれこれとこだわりが出てくると、予算オーバーして後から後悔する事例も少なくありません。

そこで今回は、周南市・下松市にお住まいの方に向けて、マイホームの予算オーバーで後悔する原因についてご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

マイホームの予算オーバーで後悔する原因をご紹介します!

この項では、マイホームの予算オーバーで後悔する主な原因を3つご紹介します。

1つ目が、外構です。

家づくりは、間取りなど内部に関しての打ち合わせが中心になり、外構については後回しになりがちですよね。

しかし、外構は早めに検討するほど予算を抑えられる可能性が高くなるため、きちんと検討しておきましょう。

2つ目が、土地です。

立地の良さにこだわって予算がオーバーするケースも大変多いです。

土地が原因で予算オーバーしている場合、すぐに購入を決めずに情報収集するのが良いでしょう。

また、住まいの予算でも、建物の予算と土地の予算を分けて設定することで予算オーバーを予防しやすくなります。

3つ目が、住宅設備です。

快適な住まいにこだわるあまりオプションをつけすぎたり、キッチンなどの設備のグレードを上げて予算オーバーすることも少なくありません。

ご家族のライフスタイルに合わせて設備に優先順位をつけ、優先度の高い設備からこだわるようにしましょう。

予算オーバーしても費用を削ってはいけない場所について解説します!

この項では、予算オーバーしても削ってはいけない場所を2つご紹介します。

1つ目が、外壁です。

外壁は月日が経過すると、湿気によるカビやコケが発生し、空気中の汚れが付着します。

初期費用が抑えられるからと安価な汚れやすい素材の外壁を採用してしまうと、あっという間に外壁が劣化し、かえってメンテナンス費が高くつく恐れがあるのです。

外壁のメンテナンスは1回につき100万から150万円の費用がかかるので、修繕費も考慮した上で、外壁の素材を決めると良いでしょう。

2つ目が、窓のグレードです。

窓のグレードを下げると、結露がひどく掃除が大変になったり、窓際が非常に寒くなったりと、マイホームで快適に過ごせなくなる恐れがあります。

むやみに高価なものにする必要はないですが、樹脂サッシやLow-Eペアガラスなどを採用するのがおすすめです。

まとめ

今回は、周南市・下松市でマイホームをお考えの方に向けて、マイホームの予算オーバーで後悔する原因をご紹介しました。

また、予算をオーバーしても削ってはいけない場所についてもご紹介しました。

その他ご質問や相談などありましたら当店までお気軽にお問い合わせください。

予約状況

engage
お電話でのお問い合わせ0120-06-7722
営業時間:9:00~18:00 定休日:水曜