住まいリードの家づくりコラム

家づくりのタイミングについてご紹介します!

家づくりを考えているが、いつから始めようか悩んでいるとお考えの方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、下松市・周南市にお住まいの方に向けて、家づくりのタイミングの考え方についてご紹介します。

また、2021年の住宅優遇制度についてもご紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

家づくりのタイミングの考え方をご紹介!

ここからは、家づくりのタイミングの判断方法について3つご紹介します。

1つ目が、注文住宅の取得年齢です。

国土交通省の「令和元年度住宅市場動向調査報告書」によると、注文住宅を建てる年代は30代が最も多いようです。

平均年齢は40.9歳で、多くの人が30~40代前半にマイホームを持っていることがわかります。

2つ目が、住宅ローンの完済時年齢です。

30代にマイホームの購入者が集中しているのは、住宅ローンの完済時年齢を考慮しているからでしょう。

一般的な住宅ローンの返済期間は35年程で、30歳で購入すれば丁度退職のタイミングでローンを完済できます。

そのため、40代後半で購入すると、退職後の返済が厳しいケースも多いです。

長期ローンを前提とするならば、30代のうちに組んだ方がいいと考えられるのです。

ただし、40代、50代まで貯蓄を続ければ、その分ローンの金額を抑えられるため返済期間も短くて済みます。

ご家庭の事情に合わせて、あなたにベストな選択をしてみてください。

3つ目が、ライフイベントです。

ライフイベントの中でも、出産を機にマイホームを建てられる方は非常に多いです。

家族のメンバーが増えるとそれまでの賃貸物件が狭く感じられることもあるため、一戸建てを検討する方が多いのでしょう。

2021年の住宅優遇制度をご紹介!

ここからは、2021年の住宅優遇制度を2つご紹介します。

1つ目が、住宅ローン控除の特例の延長です。

住宅ローン控除とは、住宅ローンを毎年最大で40万円(認定長期優良住宅等は50万円)控除できる制度です。

もともと控除される期間は10年間でしたが、2019年の消費増税に伴い、2020年末までの入居で13年間に延長される特例が制定されました。

さらに、2021年にも特例の延長が決定し、「2022年末までの入居」に延長されたのです。

2021年現在は、非常にお得に住宅ローンを組めるチャンスなので、ぜひマイホームを手に入れるきっかけにしてみてください。

2つ目が、すまい給付金の適用期間延長です。

「すまい給付金」とは、目安世帯収入775万円以下のご家庭が住宅を購入した場合、収入に応じて10~50万円が支給される制度です。

住宅ローン控除のみでは所得が少ない世帯の負担が依然大きかったため、そのカバーを行う意味合いで設けられました。

すまい給付金の適用期限も2022年末までに延長されたので、今が絶好のチャンスといえるでしょう。

まとめ

今回は、下松市・周南市で家づくりをご検討の方に向けて、家を作るタイミングの考え方についてご紹介しました。

また、2021年の住宅優遇制度についてもご紹介しました。

当社にご来店いただければ、その他様々な疑問を解消させていただきます。

その他ご質問や相談等ありましたら当社までお気軽にお問い合わせください。

予約状況

engage
お電話でのお問い合わせ0120-06-7722
営業時間:9:00~18:00 定休日:水曜