住まいリードの家づくりコラム

住宅ローンの控除とは?マイホームをお考えの方必見です!

マイホームの購入をお考えの方で、住宅ローン控除についてよく分からない、どういうものなのか知りたいとお考えの方は少なくないでしょう。

そこで今回は、住宅ローンがどういうもので、受けるためには何が必要かについて解説します。

住宅ローンの控除とは?

住宅ローンとは、住宅を購入する際に金融機関からお金を借りて住宅購入の費用に充て、そのお金に手数料を乗せた金額を長期間に渡って返済していく仕組みです。

そして住宅ローン控除とは、要件を満たした住宅を購入あるいは改装した場合に、一定期間、住宅ローン残高に応じた金額が所得税から差し引かれて還付される制度です。

つまり、住宅ローン控除を使えば、所得税が減税されるというわけです。

所得税とは、名前の通り所得に対して発生する税金を指します。

仕事やアルバイトの給料を受け取っている方はもちろん、不動産や株式配当による収入がある方も所得税を収める必要があります。

ただし、アルバイトなどの収入が年間103万円に満たない場合は、所得税を収める必要はありません。

また、所得税は累進課税であるため、所得が高ければ高いほど収める税金も高くなります。

住宅ローン控除の対象となる要件とは?

住宅ローン控除は、要件を満たしている場合に受けられると述べました。

では、具体的にどのような要件があるのでしょうか。

まず住宅の用途として、新築住宅を購入する場合は、自ら居住する住宅であることが必須です。

床面積は50平方メートル以上である必要があります。

また、借入金の償還期間が10年以上であることや、控除を受ける年の合計所得が3000万円以下であること、といった要件も満たす必要があります。

ちなみに、中古住宅を購入した際やリフォームを行った際には異なる要件も満たす必要があります。

さらに、これらの要件を満たした上で実際に住宅ローン控除を受けるためには、必要な手続きを行うことが欠かせません。

例えば、住宅購入から6カ月以内に入居することや、入居した年の翌年の確定申告で申請をするといったことが必要です。

必要な書類については抜けや漏れがないか何度も確認し、スムーズに手続きを進めてください。

まとめ

今回は、住宅ローン控除の概要や要件について解説しました。

住宅ローンの利用をお考えの方は、住宅ローン控除についてもしっかりと把握しておきましょう。

当社では、下松市や周南市で新築づくりにお悩みの方のサポートを行っております。

無料で個別相談も行っているため、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

予約状況

engage
お電話でのお問い合わせ0120-06-7722
営業時間:9:00~18:00 定休日:水曜