住まいリードの家づくりコラム

家づくりにおける間取りの失敗例をご紹介します!

家は多くの方にとって人生で最大の買い物となるでしょう。

そんな家に関して、後悔はしたくないですよね。

そこで今回は、家の間取りに関する失敗例や後悔を防ぐコツをご紹介します。

間取りでよくある失敗例とは?

間取りでよくある失敗を知っておくことで、同じ失敗をしないように注意を払えます。

ここでは、間取りに関する3つの失敗をご紹介します。

1つ目は、収納のつくりです。

収納は、広さや量だけでなく、内部のつくりや場所も重要です。

具体的に使用しているところを考えずになんとなくで作ってしまうと、使い勝手の悪い収納になりがちです。

例えば、「ウォークインクローゼットの奥に部屋を作ったら、人が通れる幅を確保するためにあまり収納できなくなってしまった」「パントリーの棚の奥行きを取りすぎて、小物を置いておくには不便だった」など、実際の失敗例を挙げればきりがありません。

2つ目は、部屋の広さです。

住宅内の限られた空間を最大限活用するためには、最適な部屋の広さにすることが大切です。

「広いリビングにするために玄関を狭くしたら、使いづらく見た目も窮屈になってしまった」

このような失敗を避けるためにも、部屋の広さのバランスは慎重に検討しましょう。

3つ目は、音の伝わりです。

間取りにおいては、音の伝わりを考えることも重要です。

例えば、交通量の多い道路側に寝室を配置しては、夜にぐっすりと眠れなくなってしまうかもしれませんよね。

トイレや洗面所などの配置を考える際も、音については気を付けたほうが良いでしょう。

間取りで後悔を防ぐコツとは?

間取りで後悔を防ぐコツとしては、今の住まいの不満を把握しておくことが挙げられます。

今の住まいで感じている不満を自分でしっかりと把握できていなければ、同じ不満を新居でも引き継ぐことになりかねません。

不満は改善の種となるため、些細なことでもリストアップしておくと良いでしょう。

また、生活をリアルにシミュレーションすることも大切です。

図面やカタログをしっかり見ていても、実際に住んでみると思わぬところで不満や後悔を抱えてしまうことがあります。

そうならないように、実際に生活する様子は可能な限りリアルにシミュレーションすることが大切です。

自分だけでなく、家族全員の生活スタイルを意識して、プランの問題点を見逃さないようにしましょう。

まとめ

今回は、家づくりにおける間取りの失敗例と、後悔を避けるコツについて解説しました。

重要なポイントをしっかりと押さえて、後悔のない家づくりを目指しましょう。

当社では、みなさまの家づくりのサポートを行っております。

周南市・下松市で家づくりに関してお困りごとがある方は、ぜひご相談ください。

予約状況

engage
お電話でのお問い合わせ0120-06-7722
営業時間:9:00~18:00 定休日:水曜