住まいリードの家づくりコラム

住宅ローンは頭金なしでも借りられる?メリット・デメリットを紹介します!

新築をお考えの方で、住宅ローンの頭金に関してお悩みの方は少なくないと思います。

住宅ローンをどのように組むかは今後の人生に大きく影響するため、計画段階で頭を抱えている方も多いでしょう。

そこで今回は、住宅ローンを頭金なしで組む場合のメリット・デメリットについて解説します。

頭金なしでも住宅ローンは組める?

住宅ローンの頭金とは、住宅購入総費用のうち、住宅ローンなどの借入れ以外の自己資金部分を指します。

マイホームの購入にあたって住宅ローンを組む際は必ず頭金を用意する必要があるとお考えの方も多いかもしれません。

しかし、頭金を支払わなくても住宅ローンは組めます。

頭金なしで住宅ローンを組むメリットとしては、主に以下の3つが挙げられます。

1つ目は、住宅の買い逃しを防げることです。

住宅は、2つとして同じものは存在しません。

理想の物件を見つけたときに、お金を貯めてから購入しようと思っていては、他の人に先を越されてしまう可能性があります。

頭金なしであればすぐに購入できるため、買い逃しを防げるでしょう。

2つ目は、手元資金を残せることです。

頭金なしであれば、住宅を購入した際に手元に資金を残しておけます。

手元に資金があれば、近い将来の出費や突然の出費にも対応できますね。

3つ目は、頭金が貯まるのを待たずに返済を始められることです。

住宅ローン完済の年齢が同じであれば、ローンの借り入れ時期が早いほど、月々の返済額を小さくできます。

頭金なしであれば、早い段階で返済し始められます。

頭金なしのデメリットとは?

頭金なしのメリットを紹介しましたが、一方でデメリットも存在します。

主なデメリットとしては、利息負担が増えて返済総額が大きくなることが挙げられます。

頭金を支払うことなく住宅ローンを組むと、ローンで借りる金額が大きくなります。

そのため、利息として支払う金額も大きくなるのです。

また、頭金の割合によって金利が変動する場合もあります。

そのような場合、頭金なしだと金利が高くなる場合があるため、そういった面でも支払う金額が大きくなります。

頭金なしで住宅ローンを組む場合は、これらのデメリットをしっかりと認識した上で検討するようにしましょう。

まとめ

今回は、頭金なしで住宅ローンを組めるかどうか、またそのような場合のメリットとデメリットについて解説しました。

当社では、みなさまの夢のマイホームの実現のために、無料の個別相談を行っております。

周南市・下松市で家づくりに関してお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

予約状況

engage
お電話でのお問い合わせ0120-06-7722
営業時間:9:00~18:00 定休日:水曜