住まいリードの家づくりコラム

注文住宅でかかる費用の内訳を解説します!

皆さんは住宅を購入する際にかかる費用をご存知ですか。

住宅の購入には様々な費用がかかるので事前に把握しておくことが大切です。

そこで今回は、住宅の費用の内訳と予算別で建てられる家について解説します。

ぜひ参考にしてください。

住宅の費用の内訳とは

住宅を建てる際には、基本的に土地と建物の両方を購入する必要があります。

ここでは、それぞれの購入時に支払う費用の内訳について解説します。

まず土地の購入時に支払うお金の内訳に関してです。

内訳としては仲介手数料、手付金、印紙代、登記費用、ローン手数料、保証料があります。

加えて、諸費用として古家がある土地の取り壊し費用やインフラ整備にかかる費用があるので把握しておきましょう。

続いて建物の購入時に支払うお金の内訳に関してです。

内訳としては本体工事費用、付帯工事費用、諸費用があります。

加えて、地鎮祭や上棟式などの費用や不動産に関する税金関係の支払いもあります。

予算別で建てられる家について解説します!

ここでは、具体的に4つの予算別で建てられる家の目安について解説します。

まず、1000万円台です。

若くてお金もないけど早く家を購入したい方や、趣味や教育費など家以外のことにお金をかけたい方などコスト重視の方に選択される価格帯です。

そのため多くの場合は、規格住宅になってしまい、間取りや設備等にも制限が入ってしまいます。

次に、2000万円台です。

予算配分にメリハリをつけることで、グレードが高い機能を持った理想の住宅を建てられます。

1000万円の住宅と比較すると予算に余裕があるためこだわりすぎると、予算オーバーするので注意しましょう。

続いて、3000万円台です。

ゆとりのある間取りやグレードを持った住宅を建てられることになります。

すべての希望は実現できなくても、デザインや間取り、高機能な設備を導入できます。

最後に、4000万円台です。

4000万円台の家は予算に余裕があるため、中庭のある口の字型やコの字型の住宅など、外壁面積が多くなるプランを実現可能です。

手間やコストがかかる自然素材である漆喰なども豊富に使用可能な価格帯です。

まとめ

今回は、住宅の費用の内訳と予算別で建てられる家について詳しく解説しました。

住宅の費用は、土地と建物それぞれ様々な支払いがあります。

各家庭の予算に応じて、住宅を購入できるので参考にしてください。

下松市、周南市周辺で住宅の購入をお考えの方はぜひお問い合わせください。

予約状況

engage
お電話でのお問い合わせ0120-06-7722
営業時間:9:00~18:00 定休日:水曜