住まいリードの家づくりコラム

住宅の購入をお考えの方に頭金について解説します!

「住宅を購入したいけど、まとまった金額を用意できない」

住宅の購入でこのようなお悩みを抱えられている方はとても多くいらっしゃいます。

特に住宅は、金額が大きい買い物であるためしっかり考える必要があります。

そこで今回は、住宅の頭金の目安と頭金ゼロの注意点について解説します。

頭金の目安とは?

住宅は基本的に住宅ローンを組み、購入することが多いです。

そして、その費用の一部を頭金として準備することが一般的です。

住宅ローンでは頭金を多くすると、借入額が減るという利点があります。

ただし、予算の兼ね合いを図り適切な金額を支払うことが大切です。

一般的な頭金の目安として、住宅購入価格の20パーセント と言われて います。

例えば、5000万円の住宅を購入した場合、約1000万円準備する必要があります。

しかし、実際に住宅を購入する際は、住宅の価格だけでなく税金や 家具 など様々な費用がかかるので、頭金は余裕をもって準備しておくと安心でしょう。

頭金を用意できる場合は、住宅ローンの借入金額を低減できます。

それゆえ、毎月の返済額を減らし返済に対する負担も軽減できるでしょう。

また、借入額が減れば、借入期間を短縮することも可能です。

利息は借入期間が長いほど高くなるため、利息削減にもつながります。

頭金ゼロの注意点について

上記では頭金の目安を紹介しましたが、頭金ゼロでも住宅を購入することは可能です。

月々の支払額が増えますが、それでも問題がない場合は住宅ローンも組めます。

ただし、頭金ゼロは注意点があります。

ここでは、その注意点を3つ解説します。

1つ目は、 土地契約の時に手付金と印紙代が必要である点

諸費用も住宅ローンに組み込めます。

ですが、土地契約の時に手付金として10万円と印紙代くらいが最低限必要になります。

建物に関しては、必要ないところもありますが、建築会社によってさまざまな状態です。

2つ目は、諸費用ローンもあるが借入金利が高額になる点です。

これは、住宅ローンとは全く別に組むローンです。

契約すると、2つのローンを同時進行で支払う必要があります。

この場合、金利が増えるので注意しましょう。

3つ目は、頭金をゼロにすると、利息負担が増える点です。

住宅を購入する際にかかる利息は、借入金に対してかかります。

それゆえ、借入金の割合が増えるほど利息負担も増えるので、合計利息額が高くなる点に注意しましょう。

まとめ

今回は、下松市、周南市周辺で住宅の購入をお考えの方に、住宅の頭金の目安と頭金ゼロの注意点について解説しました。

頭金は住宅の価格購入費の20パーセント以上の準備ができると、金利が引くなる金融機関もありますので、住宅購入を検討中の方はできるだけ準備しておきましょう。

ですが、当店の多くのお客様も頭金が少なくても安心して購入していただけるよう、資金計画をしてサポートしておりますので、お気軽にご相談ください。

予約状況

engage
お電話でのお問い合わせ0120-06-7722
営業時間:9:00~18:00 定休日:水曜