住まいリードの家づくりコラム

ハウスメーカーと工務店それぞれのメリットを紹介します!

皆さんはハウスメーカーと工務店の違いをご存知でしょうか。

それぞれのメリットがあるため、どちらで家を建てるか悩まれる方も多いです。

そこで今回は、ハウスメーカーと工務店のメリットを解説します。

ぜひ参考にしてください。

ハウスメーカーのメリットとは?

ハウスメーカーは、工業化もしくは建築資材の一部を規格化することで注文住宅の大量生産を全国規模で行っている企業のことです。

ここでは、ハウスメーカーのメリットを3つ解説します。

1つ目は、品質が良い点です。

規格化・工業化の比率が高いため、現場による施工制度のばらつきが少ないです。

そのため、高い品質で住宅を建てられます。

2つ目は、保証内容が充実していることです。

施工者は住宅瑕疵担保履行法によって資力確保措置が義務付けられています。

また多くの大手ハウスメーカーでは、10年目以降の保証やアフターサービスの延長制度が充実しています。

そのため価格の低い住宅に比べサービスが手厚いと言えるでしょう。

3つ目は、倒産リスクが低いことです。

大手ハウスメーカーは上場企業も多いです。

そのため、保証期間内に会社が消滅してしまう可能性が低く、安心して長期の保証を期待できます。

また、20年、30年保証など、ハウスメーカーによっては法的な義務以上の保証期間を独自に設けている場合も多くあります。

工務店のメリットとは?

工務店は、ハウスメーカーと比較して狭い営業エリアで地元に密着した企業のことです。

工務店というと小規模なイメージが頭に浮かぶかもしれません。

しかし、そうとも限らないのです。

ここでは、工務店のメリットを3つ解説します。

まず、コスパが良い点です。

工務店は小規模な分、管理するコストを抑えられます。

それゆえ、高額な人件費や広告宣伝費を上乗せされる心配はありません。

次は、地域密着で親身に対応してくれる点です。

地域に根差したサービスは、地域住民に信頼されている証です。

住宅は高額な買い物であるため、信頼関係が重要です。

何かあった時には、すぐに柔軟な対応をしてくれるでしょう。

3つ目は、施工の自由度が高い点です。

間取りや構造、外観など施主の様々な要望に応えられます。

それゆえ、使用する建材や設備への融通がききやすいと言えます。

まとめ

今回は、ハウスメーカーと工務店のメリットを解説しました。

それぞれ、異なる魅力的な要素があります。

下松市、周南市周辺で住宅購入を検討されている方は、お気軽にお問い合わせください。

予約状況

engage
お電話でのお問い合わせ0120-06-7722
営業時間:9:00~18:00 定休日:水曜